【花と渓流の里 小滝】岡山県津山市 紫陽花と滝の美しいコラボ おすすめ穴場スポットです

こんにちは!

今回は、

岡山県津山市八社にある

花と渓流の里 小滝に行ってきました。


津山市八社にある小滝に行ってきました。
滝と近くに紫陽花が咲き、その滝と紫陽花の競演が美しい。
小さい滝ですが見応えは抜群です。

八社は2021年1月1日調べだと50世帯で117人の小さな地区、津山駅からは車で約30分のところに位置します。(wikipediaより)


【関連記事】

アクセス 県道455号線

国道429号線→県道455線へ
公式HPより道案内が載っていますのでこれで確認して下さい。

県道455号線は結構道がせまい箇所が多い。
少し広い道もあるけど対向車とすれ違いができない箇所もあります。気をつけながらゆっくりと目的地に行きました。

小滝について

小滝は高さ15mの上の滝と、高さ7mの下の滝があり、昔、天邪鬼(あまのじゃく)が天に登って星をとるために、石を積み上げ、後一息というところで、石積みが崩れたその振動でできたと言い伝えられています(津山市公式HPより)


紫陽花の見頃は

今回訪れたのは2022年7月4日
その前に訪れたのは2022年6月11日

2022年6月11日撮影


今年訪れたのは2回目でした。
6月の中旬頃には紫陽花が岡山の県南では満開に近いところもたくさん。
しかしこの小滝は6月には全然咲いていませんでした。

7月になり満を辞してもう一度きました。
それでもまだ少し早かった気がします。
2022年は花の数が少ないものの、色づきはこれから鮮やかさを増すとのことです。(OHKニュースより)
7月20日ぐらいまでが見頃らしい。これから少しずつ満開に近づくのではないでしょうか?

駐車場とトイレ

駐車場があります。
その横はあまのじゃく亭という休憩所。トイレもあります。

そこから少し降ると橋と滝、紫陽花が見えてきます。

小滝と紫陽花の穴場名所

滝は2段構え、
晴れ続きだと雨の量がかなり少なくなるらしく、当日の雨の日に行きましたがまだまだ水の量が少なかったです。

上の滝と下の滝があり下の滝に紫陽花がたくさん咲いておりかなり綺麗。
滝と紫陽花が同時に見える所は県内でも珍しいのではないでしょうか..


2箇所の階段から登ることができ大師堂と上の滝が見えてきます。
上の滝も結構綺麗でかなり上から続いていました。

もっと上まで登ろうとしましたがその上は立ち入り禁止でした。

雨の日に行きましたが全体的に水量が少なかったのが残念でした。
前日に大雨の日をねらっていくのがいいのかもしれません。


紫陽花と滝、とても綺麗でした^^
アクセスが少し大変、道が狭いため大きい車ではやめた方がいいと思います。
平日だからか、あまり知られていないのか1時間以上滞在していましたが、貸し切りでした。まあゆっくり写真撮影できたから良かったけど….
ぜひこの7月に行って欲しい^^まさに穴場名所でした。


花と渓流の里 小滝
岡山県津山市八社
院庄ICから約30分 県道455号線沿い
駐車場あり

紫陽花の見頃は7月頃



県北の滝



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA