【福を呼ぶ 招き猫美術館】岡山市北区 招き猫専門の珍しい美術館

こんにちは!


今回は、

岡山市北区金山寺にある

招き猫美術館に行ってきました。

↓↓↓↓ 関連記事 ↓↓↓↓


福を呼ぶ!招き猫だらけの美術館

1994年10月10日に開館した招き猫美術館
日本で初めて「招き猫」を専門に扱ったミュージアムとして開館しました(天台宗金山寺境内にて)
その後、1999年に現在の場所に移動(HPより)

この美術館では招き猫に関する作品の調査・研究・収集・教育普及活動を行っており、館内には700点を超えるコレクションに加え、「ミュージアムショップ 金座(お土産売り場)」や別棟には「猫の絵本図書館(Library山猫文庫)」や「絵付け体験」にも挑戦できます。

どこを見渡しても猫。

招き猫美術館はもちろん周辺もどこを見渡しても猫だらけ。
自動販売機。飲み物の取り出し口。


このカーブミラーも


門の上にも猫。

いたるところに猫、猫、猫。

駐車場のそばには猫の木が見えます。


本館:招き猫美術館

これは本館の美術館入口。
外には猫の石像がたくさん

館内ももちろんねこ、ねこ、ねこ、猫。
館内は写真OKでした!
猫の置物やアート作品がたくさん。
外にも岩の間に猫。

トイレのマークも猫(笑)

福寿横丁

館内に入ったらすぐ現れるのは白ラッキーと黒ラッキー
白は開運、黒は魔除け。白ラッキーに「祈り札」を掛けて鈴を鳴らし、願いが叶うと「叶い札」をお礼参りに黒ラッキーに掛けるらしい。
たくさんの願い札が掛けられていました。


この可愛い猫の置物たち(笑)


特別展示室

2階の特別展示室には全国からの招き猫コレクションを展示。

幸せが訪れる猫を発見!
同じポーズをして写真を撮ると幸せが訪れる、いいことが起こるというパワースポット
もちろん同じポーズで撮りました。。


なんやこのねこ(笑)


なんか笑顔が怖いねこ、なんか裏で暗躍してそうなねこ(私の勝手なイメージです)などなど….たくさんの猫たち….


2階を見学した後は1階の休憩室へ。
飲み物が無料で入れられて一息休憩。


museum shop 金座

お土産スペースもあります。
絵本やお守り、御朱印などなど色々ありました。

これはおみくじ付きの「金運を招く」招き猫。1個700円(2022年3月時点)
おみくじは本館入口付近に括りつけることができるスペースがあります。
おみくじを引いた後は家の玄関へ飾っています。


LUCKY CATS HOUSE

本館の隣にあるラッキーキャッツハウス(別館)
建物の入口も猫をイメージ。色々なところまでこだわりがすごい。

こちらの別館では絵付け体験ねこ絵本図書館のLibrary山猫文庫があります。

ねこに限定された数多くの絵本。昔、小学校の図書館で読んだ覚えがある絵本を手に取り、楽しい懐かしい時間を過ごせました。


猫の絵付け体験は、今回はしませんでしたが素焼きの招き猫に絵付けをし世界で一つしかないオリジナル招き猫が作れます。

不器用な私でもできるのか、少しやってみたい。
料金は1700円、体験時間約1時間です。

基本情報、アクセス

開館時間 : 10:00 〜 17:00
休館日:水曜
入館料:一般 600円 小・中学生 300円
電話番号:086-228-3301
駐車場あり 美術館前に駐車スペースあり

岡山市街地というか岡山市北区の玉柏や原方面からのアクセスをおすすめします。
御津からは道がくねくねで狭く運転が疲れる。。

まとめ

・とにかくねこねこねこの美術館。猫がかわいい、癒しの時間でした。

・本館、アートスペース、お土産コーナー、別館の図書館、絵付け体験などなど…..見所たくさんで充実する。

・今度は絵付け体験目的で行こうかなと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA